FC2ブログ

待望☆久保田ベスト

中学のころから未だにずっと、
いちばんではないけれど常に好きなアーティストがいて
実は、わたし、

久保田利伸大っっすきです!!

もう彼ナシでは日本の音楽業界語れないよ。
まっすぐに直線で高速で颯爽と抜けてゆくかのようなあの歌声は最強。
ap bank fes'10でミスチル桜井さんが
「みんなの心のなかにすーっと伸びてく」と紹介したように
その表現が本当、ぴったり。桜井さん表現の天才。

先日、7~8年前に我が街のお祭りイベントに
久保田利伸無料ライブがあったという事実を知り、
なぜこの街に久保田利伸という大スターが来ていたのか
なぜこの街に住んでいるわたしがそこへ行かなかったのか
というかその事実をなぜわたしは今の今まで知らなかったのか
もうこれは完全に自分自身を責めるしかないわけで・・泣。

そんなこといつまでも悔やんでてもしょうがない!
いやでもどうーーーーーーーっしても見たくて行きたくて、
ここ2ヶ月くらい久保田熱が冷まらずに過ごしているわけですが

ついに、
ついにあと2週間をきった!

ベストがでるよーーーーーーー!!!!



デビュー25周年記念のベスト盤。
わわわ、好きな曲ぜんぶはいってる!!
最新シングル曲もはいってる!!
しかもジャケット、シブかっこいい。

あまりにも大道すぎではあるけれど、LA・LA・LA LOVE SONGは
何年経ってもときめかせてくれるラブソングで、そんな曲
わたしにとってはこの曲しかないと言っても過言ではない。

昔のCDシングルって小さな円盤でけっこう保存に面倒なので
3年前、林檎ちゃんの以外全部捨てようと整理したんだけど
でもLA・LA・LAはどうしても捨てられずに今でも持ってる。

そう言えば、わたしの大親友との出会いのきっかけも
実はこの曲スタートだったりするんだよね(親友=女だよ)。
カラオケでふたり、よく振り付きで歌ってたし。


楽しみ。
11/23が楽しみだ。



スポンサーサイト



映画『悪人』

ついに見たーーー!
レンタルするまえにテレビでの放送のほうがはやかった。
ラッキーっていうかわたしどんだけもたもたしてたんだって話で・・




公開中、ずっと見たくて友人と予定調整してたりしてたけど
結局都合がつかずにお蔵入りになってしまっていた映画『悪人』。
実のところが、レンタルしようにも存在をすっかり忘れてしまっていて(おい)
放送をCMで知ったおかげでようやく見られた。


映画予告編鑑賞が趣味(てどんな趣味だ!)のわたしにはあらすじはある程度承知済。
とりあえず主役が悪人で何かしらの事件を巻き起こしていくってストーリーでしょ?
なーんていう簡単で安易な展開ではまったくなく、
人の心とか優しさとか愛情とか、水面下での罪とか罰とか、
良くも悪くも、人間の見えない部分が顕わになっていて
そのふたつの「共存」があるからこそ
見終えたあとの気分の悪さといったらなかった。
そう思ってしまうくらいリアリティ溢れる内容と出演陣の演技力がすごかった。

登場人物には何かしら「悪」が絡んでいるからか
無意識のうちに心のなかで一定のラインを置いていつのまにか
それがわたしとしては許せるかそうでないかを基準にこの映画を見ていた結果、
それぞれの人物において思うことはあるけれど、そのなかでも
法を犯すことは決して良くはないし処罰を受けざるを得ないのは当然だけれど
ぎりぎりでそこへは到達できないレベルの悪をしながら
平然と、かつへらへら笑って暮らしているやつはいちばんの悪かもしれない。

人の心を利用して金銭の受け渡しをしていたやつの気持ちもわたしにはわからない。
だけど、娘を殺されて、殺人にまでは及ばずとも
娘に悪行をはたらいた相手を殺しにゆこうとした父の気持ちは、少しわかる。
愛する相手が犯罪者と知りいっしょに逃亡する女の気持ちも、少しわかる。
わかるところがいっぱいあった。

でも、法云々にならなくとも
何か悪いことをしたら本人の心には必ず残る。ずっと残る。
それで死ぬまで何度も思い出し、嫌悪感抱きながら生きることが罰なんだと思う。
思い出したとしても反省なんて一切せず、
気にせず生きてるやつらっていうのは周囲がどんどん変わってゆく。
それがわかるのが、殺人犯祐一の育ての母である祖母に
日々マスコミに囲まれているその姿を見たバスの運転手が掛けたひとこと。

これ見たらほんと、数日立ち直れん!てくらい嫌な感じだった。
原作を知っているひとからすれば薄っぺらくつまらない出来映えらしいし
小説『悪人』読者の思う真の悪人と映画のみ見た側の思う悪人には誤差が出たり
でも、まだ原作を知らないわたしには充分衝撃的で刺激も強く満足できた。
・・そういえば原作者って『女たちは二度遊ぶ』の吉田修一さんなんだね。


この映画で深津恵里さんはモントリオールの最優秀女優賞をもらったんだよね。
失礼ながら、特別ふだんと何ら変わり映えもなかったしわたしとしてはちょっと不満。
深津さんより樹林さんや柄本さんのリアル演技のほうが感動したせいもあるし
何よりも、満島ひかりや岡田将生の若手2人がすごかったと思うんだ。
特に岡田将生なんていったらとにかくさわやかで
しかもイケメンで純粋そうでやさしそうってイメージが大きいのに
それとは真逆の役柄に挑戦、しかもドはまりしているんだからびっくりした。
「嫌な感じ」だった数日間は実はわたし、岡田将生大きらいでした汗。
CMで見るだけでも腹立ってた。そのくらいよかったよ。

これ、レンタルでもう1回見るかも。ていうか見たい!見る!
本当の愛を知らずに生き、
はじめて愛を知った男を演じた妻夫木くんがひどくかわいく感じたし
あとは詐欺師役でチラリと登場していた松尾スズキさんは名脇役すぎて、
わたしのなかではストーリー中でいちばん輝いて見えたんですけど・・笑。




Bank Band

ap bankの可能性拡大のため
小林武史さんやミスチルの桜井和寿さんを中心に結成されたBank Band。
その存在はきっと・・というか言わずもがな多くのひとが知っていて
今、わたしがここで紹介しなくたって誰しもがその良さってのはわかっているはず。

最近ちょっと機会があってちらりと見たのが
ap bank fesというライブ映像で、

09年DVDは、そのオープニング曲から
がっちり完全感動モードにさせてくれる中島みゆきさんの『糸』。

桜井さんの歌う『糸』は何かのCMで聞いたこともあったし
もちろん本家・中島みゆきさんのだって知っていて
大半の女性は好きであろう桜井さんの歌声でこの名曲ってとんでもない組み合わせ。

『糸』はたしか中島みゆきサウンド王道なシングルのCW曲で、
一般的に荒んだイメージの定着する彼女からこんな曲が生まれるのかと
当時はけっこうびっくりした記憶がわたしにはあるのだけれど
決して難しいコトバなんて使っていなくって
かっこつけた組み合わせでもなく至ってシンプルにわかりやすく
子供だったわたしにも色んなことを考えさせられる詞だったなって。

自分ひとりで生きているわけではないことと
自分ひとりで生きてゆけるものではないことと
誰かのおかげで生きていることと
誰かのおかげをして生きていることと、
偶然とか必然とかそんなのどっちだっていいけれど
今、まわりにいる人たちと出会えたことの大切さ、
「幸せ」ではなく「仕合わせ」という歌詞中の表記の意味、
気持ちを穏やかにさせてくれるメロディでこの曲の歌詞を意識して聴くうえで
今まで明確にできなかったものを得られるような気がする。


で、この曲を頭にもってくるのは反則!!!
鳥肌と同時に涙がゴゴゴゴーってくるじゃないのよ!!!
個人的に桜井さんの歌声を贔屓にしているせいなのかなんなのか。

大すきな『エソラ』も◎!
『HANABI』が入っていないのが残念点。


'10Ver.は

ジャケットが“蝶”かわいい。
いつも目を惹くものばかりで'08のもなかなか好み。



もちたまトライ@SK-Ⅱ

Twitterで発見した

『もちたま7日間モニター募集』

なんていうSK-Ⅱの企画。
SK-Ⅱといえば桃井かおりさんの「湯上がりたまご肌」。
最近では小雪さんや綾瀬はるかちゃんがイメージキャラクターに加わって
当時のザ・セレブコスメさがいい意味で薄れて若い子も注目しやすくなってる。

・・ってのは印象の問題のみで
お値段とか全然恐ろしいんだけど汗。

その高級化粧品が7日間分を1000円で!だなんて
これはためすしかないなと行き勇んで応募。

で、みごと当選。
じゃん↓
DSC_1120_20110702121809.jpg
開けるとこうd
ぴっかぴかで真っ赤な外装をした箱に入ってた。

おなじみフェイシャルトリートメントエッセンスをはじめ、
スキンシグネチャー、トリートメントマスク、コットンまでついてる。

まずは説明書を読んで洗顔後、
初日はトリートメントマスクからのスタート。
DSC_1127.jpg
このメタリックなパッケージをあけると
とろみのある液がひたひたに染みこんだシートマスク登場。
これでパックしていったん洗い流してエッセンスを・・といくわけだけれど

マスクって洗い流しちゃっていいの?

せっかくのとろみなのに
流しちゃったら効果なくなるんじゃ??
なーんて思っていたら

これ、すんごいよ。

流したあとのエッセンスの入りがすごい。
ぐんぐん浸透してゆくのがわかる。
翌朝の肌の調子、かなりよかった!メイクのり抜群。

次の日からはエッセンスとシグネチャーのみのコンビ使用。
DSC_1126.jpg
ミニサイズ、かわいいけど
高嶺の花オーラは維持。

使用感からいうと、まずエッセンス
正直期待はずれだったかな。
「もちもちたまご」というわりにはしっとりしてない。
どちらかというとさらっさらのさっぱりタイプ。
わたしが乾燥しすぎなのか(いやまじでかさかさ泣)
もっとぺたぺたするくらいなじませたとたん指に吸いつくようなの想像してた。。
シグネチャー(クリーム)もさっぱり系で
就寝前はクリームのべたつきがいやでベビーパウダーはたいて寝るわたしが
このシリーズだとパウダーいらず。

ややや、さっぱりしすぎでしょこれ!

ってあまりにも想像と違ってた。
初日はマスクのおかげでしっとりめだったけれど
翌日からは何だか物足りないっていうか。

でも「たまご肌」は実感できた。
もちもちではないけれど、すべすべたまご肌。
するするしててなめらかタッチ。
さっぱりしてるからといって特別乾燥もしてないし、
さっぱりめだからか昼間のテカりは軽減できてた。
毛穴のざらつきも特別なかったし、なるほどたまご肌。

夏にはぜったいいいと思う。
超しっとり感触がすきなひとには冬とか特にがっかりするかも。
無香料だし、香りで癒しを求めるひとにも不向き。
ただマスクは◎!使う価値あり。
・・高いけどね。1枚1680円て!!

このシグネチャー、
DSC_1130.jpg
7日間キットなのにけっこう使える。
さっぱり系クリームなのでお化粧前でも平気で使える。
ファンデよれたりしないし。

SK-Ⅱピテラについてはサイトで確認。
肌を明るく見せたり、日焼けあとへの効果だったり、
キメを整えたり水分補給や皮脂バランスなど魅力満載。

使いつづければきれい肌になれそうな予感。


SK-Ⅱ公式サイト

映画『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』

というクソ長い(こら)タイトルの映画を
旅の道中、機会があって観てみることに。



実はわたし、小池徹平クンってのが苦手で汗、
いや、だって女の子じゃん完全に!!っていう
男性としては到底見ることのできないそのキュートさに
ちょっとだけ・・ね、苦手だったわけなんだけれど

よかったです、
小池徹平という役者は。

ぼろっぼろの姿になった小池徹平は
なかなか男前に見えたりもして
あ、なんかかっこいいかも!なんて思ったり。

そんなことよりストーリー、
まず思ったのは

「ブラック会社はそんなもんじゃない!!」

ということ。
嫌な上司がいたり、こき使われまくったり、
明らかに各々の作業量バランスが悪かったり、
ひとりだけ夜遅くまで働かされたり、
オーバーに描いたのがこの映画で
でもどこの会社にでも存在していることかも知れない。

それで最終的に主人公がぶち切れて
思いを吐き出したところで
それらの問題が解決の兆しへ向かい
「がんばれそう」だと思えたということは
それはブラック会社ではなかったからなんだよね。

本当のブラック会社ってのはそんなことがあろうとも
周囲は陰でぐちゃぐちゃ言って、
弱いものには水面下攻撃、
みんなのまえではニッコリ笑顔で、
お互いがお互いに思いを告げられずにいる。

何が悪いか?
思うに、リーダーらしからぬリーダーが悪い。
わたしはそう思う。

上のものが見て見ぬふりの
俺には関係ねーしー♪な態度だと
いつまでたっても変わらないし
そういうことが真性「ブラック会社」じゃないかな。

だからと言ってこの映画が
悪いとか面白くないっていうんじゃなくて、
最後には感動できたしわたしは好きだけどね。


会社で上にたつ立場のひとは
いちど見ても損はしないと思う。
自分の部下どもがどういう目に遭っているか、
そういうのって知らないところで繰り広げられているものだから
少し、こういう実態があるという意味でも見ておいたほうがいい。


ただひとつ、
品川がバーカバーカ言いすぎてうるさい苦笑。



美髪計画

去年の夏からショートボブのわたしですが
実は今現在、まずはのセミディ目指して伸ばし中。

5~6年ぶりでほんのりカラーも入れているので
月1のトリートメントを心掛けてはいるものの、
やっぱり自宅で簡単にできるケアも並行して継続してゆかないと
いかんせん傷みやすい細毛のわたしなんてすぐダメージ受けてしまって・・

ひそかに、発売当初からリピートしているのが
ラインで使っているパンテーンの濃厚トリートメントプログラム@5回分。
DSC_0875.jpg
3日に1度の集中ケア。
わたしは週1使用で約1ヶ月分。

チューブタイプの小さな口を
ぱきっと折るとこうやって
DSC_0890.jpg
出てくる1回使い切りタイプ。
旅先にも持ってゆけるスリムさは便利だし
気のせいなんだろうけれど、使い切りって
ジャータイプと違って栄養分が飛ばなそうだよね。

これを使うと髪、けっこう重くなる。
ダメージホールが健康をぎっしり取り込んだ感じ。
触り心地はしっとりしていて、もちろんつやも◎!

やっぱり、使わなくなると元に戻っちゃうんだけど、
美容室でのトリートメントをキープするために継続使用中。
今まで使ったトリートメントのなかで郡を抜いて優秀。

DSC_0888.jpg
これ、香りがなんともいえないくらいよいんだよね。
やさしくてうっとりしそうな・・だから、
わたしはバスタイムがかなりの癒し確実。


レッグマジックX

去年の秋くらいに買って
実は持ってます、『レッグマジックX』

DSC_0893.jpg

もう確実に今年は1回もやってないし汗、
春近くなれば当然脚もとも気になるわけで・・

2日前からひっそりはじめました、
休み休みで30分。

なんで「休み休みなのか?」って?
これがばかにならないくらいきつい!!

たった60秒でいいとか書いてるけど
そんな程度で効くわけないでしょーなんて甘く見ないほうがいい。
っていやぜったい最初は甘く見ちゃうんだけど、

1分間ってこんなに長かった?

と思うほどにもきつい。
翌朝どころかもうやってるその場から筋肉痛だし
内ももっていうかなんか恥骨(!)に効いてる感じなんだよね。
いかにふだんの生活で内もも周辺筋肉を使っていないかが丸わかり。

慣れるとけっこうがしゃがしゃ素早くやってしまいがちだけど
これ、ゆっくりやったほうが効果あると思うし、加えて

うるさい・・

案外気になる。
だからわたしは低音兼ねてゆっくり運動。

お尻に効く!って声をけっこう聞くのに
わたしのお尻にはあまり感じられないのが残念なところ。
(なんかやりかたが違うのか?)
それより完全に恥骨・内もも集中攻撃で激痛走ってて
これやり出すと数日歩き方おかしくなってると思うよぜったい・・




「継続は力なり」、
とりあえず1日短い時間からでも続けて美脚を目指せ!


映画『蛇にピアス』



を、今更見た。
芥川賞の原作は読んだことないし、
確か同時受賞した綿矢りささんの『インストール』は興味あったけど
何だかこれはタイトルからして受けつけない感満載だったので・・

なのに映画を見る気になったきっかけは完全に蜷川監督!
やっぱり想像通りの魅力的な映像だったのは◎

見終えての感想としては、どうなのかな。
ちょっとだけ嫌な気持ちが後に残る。
そして内容的なことをいえば正直よくわからない。
ラストもフェイドアウト系で、
たぶんこれからも同じことがつづくよってことなんだろうけど。

主人公の少女は生きている意味を見出せなくて
自分の肉体に痛みを与えることで生きてることを自覚していたり、
自分を求めてくれる相手に好意を抱いてしまっているような彼女の気持ちは
なんとなくわからないでもないんだけれど、つい

「もっと自分を大切にしなよ」

と言ってしまいそうになるくらい
結局どれだけ何をやっても得られたものはない人生のような気がして
その空虚感は思い描いただけでもぞっとする。

この映画を見てトータルで思ったのは、
誰かが誰かを好きになると
誰にもわからないところでひとは“狂う”ってこと。
ストーリー上では暴力や殺人、隠ぺいなんかでオーバーに表現されているけれど
そこまで行かなくてもやっぱりどこかちょっとおかしくなってしまうものかも。
ほら、恋は盲目とも言うし。


そういえばコレも高良健吾が出てるんだけど、
個人的に高良くん演じるアマ(顔面ピアスだらけ少年)のような
彼女がどこで何しているのか心配でならない、一見情けな男子は
実は・・きらいじゃないです笑。