FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ソラニン』

これまたずっとみたくてようやく見た
『ソラニン』


予告編ですごい気になって原作読んで、
そして今映画を見て思ったのが、これ

予告編のみで充分楽しめる!!

あれだけでストーリー把握できて
たったの30秒で感動もできるし
映画予告編鑑賞が趣味のわたしにとっては
これほどよい予告編ってのはないくらい。

ただちょっとね、ゆるかったかな。退屈というか。
あまりにもふつうすぎる若者のライフスタイルをついばんだ感じで
それが人によっては自分の過去と重ね合わせやすかったりするのかも知れないし
わたしには他人事な鑑賞しかできなくても、何となく
こんな青春たのしそうだなっていう憧れを抱きそうだったり。

・・で、
見終えてわかった。

この「ゆるさ」だからこそソラニンは成立している!

そして幸せをかみしめた途端の種田の死が
漫画より映画のほうがわかりやすかった。
劇中歌『ソラニン』の歌詞との繋がりも理解できた。



ソラニンはどのシーンでも何だかモヤがかかっている感じ。
でもわたしにはなんかこの霞み映像が心地よかった。

そして宮崎あおいちゃんもちろん、高良健吾最強!
最近見るもの見るもの高良高良状態。
だけど役柄によって別人だから気づかなくて
エンドロール見て「うわこれも!」って驚くんだよね。毎回。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。